ワードプレスで「PHP バージョン5.6.20以上が必要なため、更新できません」の対処法

目安時間 3分

ワードプレスでいざ更新をしようと思って更新ボタンを押したら出てきた「PHP バージョン5.6.20以上が必要なため、更新できません」のメッセージ、このメッセージが出たときの対処法を簡単に説明していきます。

 

ワードプレスで「PHP バージョン5.6.20以上が必要なため、更新できません」は更新を怠っていると出てくる!?

 

私のワードプレスも更新を長らくサボっていた経緯があったのですが、その為か例のメッセージが出てくることになってしまいました。しかし、更新が再び出来るように現在のPHPのバージョンをアップさせる流れは非常にシンプルなのでご安心ください。

 

 

【非常に簡単】ワードプレスのPHP更新をサーバー側で手動で行う

 

 

私はXサーバーを利用していますのでXサーバーでのPHP更新の流れを説明しますね。

 

1、まずはXサーバーにログイン

 

2、メイン画面でサーバーIDの右側にある「サーバー管理をクリック」

 

3、メニュー一覧が表示されるのでPHPのメニューの「PHP Ver.切替」をクリック

4、ドメイン選択画面が出るので更新したいブログのドメインを「選択する」

5、PHPのバーションを選択するのですが、私は新しいVerの「推奨」を選択しました

6、「変更」ボタンをクリック ⇒ 「変更しました」と出ればOK

※他のサーバーサービスでもやることの基本は同じかと思います

 

 

ワードプレスのPHP更新後、ワードプレスの更新が可能になる

 

以前は「PHP バージョン5.6.20以上が必要なため、更新できません」と
出ていたのが、

 

 

「wordpress の新しいバージョンがあります。」に変わっていますね!

 

 

あとは「今すぐ更新」を押すだけで完了です!

 

意外と怠りがちがワードプレスの更新、
あまり更新をしてないと更新自体ができなくなってしまうのでご注意です。

 

 

 

ワードプレスの更新を怠ることで発生する不具合、プラグイン編

 

あと気をつけなければならないのが、
ワードプレス自体の更新を全く行っていないのに
プラグインの更新を行うと、

 

ワードプレスのダッシュボードにログインできなくなることがあります。

 

最新版のバージョンと現在使用しているバージョンが乖離し過ぎている場合は、
プラグインの更新をうかつに行うことは避けるべきです。

その場合は、まずはワードプレスの更新を先に行いましょう。

 

このことについては別の記事で紹介していきます。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
コマ氏のプロフィール

コマ

会社勤めの傍らブログ運営でアフィリエイトを行っています。 2014年〜現在まで <アフィリエイトによる収益> ・アドセンス(トレンドブログ、特化ブログ)累計約140万円 ・youtube 累計約90万円 ・楽天 累計約20万円  「この期間でこの程度?」 と思われたかもしれません... モチベーション低下で作業が止まった時期があり、 収益も下がってしまいました しかし! また再浮上を目指して活動しつつその記録を発信していきます。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー